FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/01(Tue)

アナタにもし私を、探す勇気があれば――何処にでも私はいるわ! 

新年明けましておめでとうございます。

突然ですが

永らくご愛読いたしました当ブログ、とうとう閉店でございます。読者の皆様これまで本当にお付き合い頂き、ありがとうございました。
今回の歌詞は『Nouhere』、通称ヤンマーニ。今回にピッタリな曲ではないでしょうか。
この私のブログ『全て遠き幻想卿』は今回で閉店になりますが、もしも他で私を見かければヨロシクしてやってください。
閉店の理由ですか……まあ疲れたのですな。申し訳ない……実は知りあいには前々から諸々な事情で閉店するでゴザルといったことを言っていたのですが……遅れてしまい申し訳ない。
  
 で、今回は飛び切り濃厚二本立て!
 まあこのブログ、今日で最後ですからね。 一部の読者の方は知らなかったわけですから。濃厚にと。

いやはや……まあこのブログ最後の記事、よろしくです。

『遊戯王コンボ講座~コモン・アンコモンカードによるサドプレイ~』 

(この記事は数日前に書かれたがUSBメモリ引っこ抜くのが恐くて封印されていた文章です)

さて、我輩(いきなり一人称が……)は近頃自分のデッキに疑問を持ってきた。
少し遊戯王をやった方なら分かると思うがこの遊戯王というゲーム……昔は結構バランスがハッチャけてたゲームである例えば昔はね……今の世代の子供達(急に老け込んだな……)にはアンインストール歌いたいくらい「今の君らには~理解出来ない~」となるだろうが……。
生け贄モンスターいるだろ。特に生け贄一体で出せるまあわりあい頻繁にお目見えするあの野郎ども。
ちょっと私のデッキを覗いてみたが……いや、まあ私のデッキは初心者アンド骨董品屋に出せそうなまでに古いカードだから余り期待するな。
まあ今時生け贄モンスターで通常モンスターなんて入る余地ないだろうが大体私の思い浮かぶ1生け贄で使える通常モンスターと言えばフィッシャービーストだ。

●半漁獣―フィッシャービースト―
AFK2400 DEFワスレタ
さて、一体生け贄にも関わらず二体生け贄のブランド通常モンスター「真紅眼の黒竜」と同じとは一体どういうイジメか?
皆よく青眼と黒魔術師(ブラックマジシャンね)を比較して「主役級なのに二体生け贄のブラマジ……ブルアイズに比べてアンマリ強くない……」と申すがある意味、真紅眼ほど惨めな存在も無かろうて。
いや、コヤツラ補助魔法なんて優遇されてるからまだいいか……いいかね諸君。昔の遊戯王を漁ってみたら二体生け贄・通常モンスで攻撃力2200なんてこれを作った奴の首を絞めたくなる数値を持つ輩がワラワラ出てくるはずだから探してみたまえ。
ときには通常モンス一体生け贄で攻撃力1400、守備力1200なんてぶっとんだカードが多かったんだ。

さて話が逸れたが私が言いたいのは何よりたった一枚のコスト無しカードで苦労して出したカード達が易々と葬られて行く……これが私の昔体験した遊戯王の惨さである。

例えば、今は流石に禁止カードとなってるが「サンダーボルト」。無邪気に青眼三体出して悦んでた可愛い昔のボクはその瞬間不敵な笑みと共にこのカードを弾き出した友人の首を絞めそうになった。ふう、そんな哀しい過去があったから戦闘以外で破壊されたら再び舞い戻るカードばっかり入れたりするのか、俺は。
だが、今現在では「ライトニングボルテックス」というカードが出ているそうだ。僅か手札一枚捨てるだけでサンダーボルトと同じ効力をもつカード。もちろん私も持っている。
だが、ここで疑問なのだがライトニングボルテックスは名前から分かる通りイラストも雷である。対してサンダーボルトも当然のように雷。
コナミは全体破壊と言えば雷なのか

初期はモンスにしてもデュミナイエルフ持ってる奴が強かったしナァ……。それが誰でも持ってるならまだわかるがまたそれが手に入り難いんだ。これが。


で、色々振り返ってみたわけだがもうそんな少年時代を過ごした俺の心はすっかり荒みきり、最早「キラカード以外は雑魚だぜ! ひゃっほうまたブルーアイズゲットしちまったぜ! これで七枚目だぜ!」なんてことをほざいてたんだ。

 七枚も持ってどうする(実際俺はブルアイズも究極青眼も結構な量持っている)。

 というキラキラ=ツヨスという方程式が脳内に刷り込まれてしまった為、力でごり押しのプレイングしか出来ない。つまりはとにかく攻撃力を高めて貫通性持たせて殴るといった単純な攻撃しか出来ないようになっていたのだ。

だが、大量のコモンカードとの出会いが私を変えた――。

 ちょっと前、私は40枚のデュエマカードと交換に数え切れないほどの遊戯王カードを頂いた(しかもまたいらないの見つかったから又くれるとの話、俺の家を陥没させる気か)。 大半は初期の通常モンス(使えないのx乗を与えたいカード達)だったのだが…………。
 その中に、数十枚のレアカードと共に眠る多種多様な効果を秘めたカード達。

 うん? これ、コイツと組み合わせたら強いんじゃね? という組み合わせが沸いてくるではないか……。
 まあアレだね。最早俺の周囲に遊戯王カードを現役カード使ってる奴もいないし時たまやるにしてももはや時代遅れなカードを使って戯れるだけだ。新しいカードを買うつもりもいまんとこない。
 現役時代でさえ元々俺はカードは控えめに買う方だったので(二ヶ月に一パック)これまで家にあった遊戯王カードは滅茶苦茶少なかったろう。
 だが、そこに現れた大量のカード達。
 そこで、始めてコンボデッキをいっちょ作ってみたんだが……これが何気にイタイ。
 これまで俺が一軍だぜ! と華々しく使っていた俺のオジンデッキは謎の新鋭によりブルボッコされた。 そのコンボはと言うと。

 コンボ一
 使う時には『無限の弾製!!』と叫びながら使おう!
 そしてチクチク責めて行けば相手は絶対泣きたくなるぞ?

 用意するのはレアなんて一枚も使わない。全部コモンカードだ。マイナーだけどな。
 キャノンソルジャー
 クリッター×3
 黒き森のウィッチ×3 
 謎の傀儡師
 血の代償

 実質このコンボ、血の代償引いてりゃとりあえず出来ます。
 まあコンボはこの全てが無いとキツイという結構な揃えるの大変なコンボなんだが威力を気にしなければ予想外に結構決まる。
 それぞれ効果を解説すると……。
 
●キャノン・ソルジャー
 ★四 機械族 攻撃1400 守備1300
 モンスター一体を生け贄にして相手ライフに500のダメージを与える。
 
 初期のカードゆえに『モンスター』と書かれてるだけなんで『自分』のなのか『相手』なのか分からず、でも相手のも生け贄に出来るならこのカード最強だよナー発動タイミングも書いてないから相手ターンにも発動できるのかナーなんて夢想も甚だしい考えをめぐらせてた昔の俺。

●クリッター
 ★三 悪魔族 攻撃1000 守備600
 このカードがフィールド上から墓地に送られたとき、デッキから攻撃力1500以下のモンスタ-を手札に加える、その後、デッキをシャッフルする。

 『ウィッチ』はこのカードの効果「攻撃力1500以下~」ってところが「守備力1500以下」に変わった版だな。能力値はちょっと違うが書くのめんどいからこれで。

●謎の傀儡師
 ★四 戦士族 攻撃1000 守備1500
 モンスターが召喚の類をされた時(段々テキトウに)一体につき500ライフを回復できる。

●血の代償
 トラップカード
 500ライフを払う事で手札のモンスターを通常召喚出来るものであれば特殊召喚出来る。
 この効果で勘違いしちゃいけないのが『特殊召喚出来るけど生け贄いるのはちゃんと生け贄しないと出せない』って事だな。

 で、要するにコンボとしては……(後攻の場合ね)。
 前もって【血の代償】伏せとく。次のターンで【謎の傀儡師】を通常召喚。【血の代償】発動、【キャノン・ソルジャー】特殊召喚、500ライフを失うが同時に【謎の傀儡師】の効果で500回復。プラマイゼロ。
 同様にデッキの【クリッター】か【ウィッチ】召喚。

 【キャノン・ソルジャー】の効果でどちらか、弾にして発射。相手ライフ(近所では大体4000でやってたんで)3500
 墓地に送られた効果で1500以下のモンスターを引っ張ってくるがここでは【クリッター】を選択して手札に加える。
 召喚、発射。相手ライフ3000
 
 墓地に行った【クリッター】の効果でデッキの【クリッター】を手札に。
 召喚、発射。相手ライフ2500。
 
俺A「三回目以降はちょっと【キャノン・ソルジャー】も萎えてくるんじゃないっすか? 人間みたいに」
俺B「このブログは何時からソッチ方向に爆走し始めた?」

 墓地に送られた【クリッター】の効果で【ウィッチ】を召喚、発射。相手ライフ2000。
 
俺C「もう止めて――!! もうとっくに【キャノン・ソルジャー】のSPはゼロよ!!俺B「もうこの話止めようって」

 墓地に送られた【ウィッチ】の効果で【ウィッチ】を手札に。召喚。発射。相手ライフ1500。

俺D「オイオイ、こんなんじゃ翌朝大変だな【キャノン・ソルジャー】。若いからってハメを外しちゃいかんよ。明日会社行けるのかね」
俺B「キャノンさんって会社員!? というかこの方向はヤメ……」

 
 【ウィッチ】の効果でなんかテキトウな守備力1500以下(イッパイいるだろ?)を手札に、召喚。発射。相手ライフ1000。

俺E「もう流石に弾無いな。キャノンさんも最後の砲弾は真っ赤だったそうだ
俺F「大丈夫だ。キャノンさんにはここまで共に戦ってきた戦友がまだ一人いる………そう! 謎の傀儡師が!!」
俺E「キャノンさんは自らの戦友を砲弾にするまで落ちぶれたのか!!」
 【ラスト・オブ・フレンド】を砲弾に、発射。相手ライフ500。

俺G「もう流石に弾は無いだろ。ラストオブフレンドを道連れにしても後一歩届かなかったな。みろ、キャノンさんのキャノンも変色しているぞ
俺B「生々しい生々しい

ブラック先生(保健体育担当)「大丈夫! 彼にはまだ最後の弾がある!」
俺A~G「帰れ」
ブラック先生「見なさい! キャノンさんは最後の砲弾に自分を弾にしようとしているんだ!」
俺A~G「けぇーれ」
ブラック先生「ポケモン初期での名ゼリフを思い出すんだ! そのセリフとは……」




キャノン・ソルジャー「オジサンの………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………金の玉(弾)をあげるヨォォォォォォォォォォォォォォ!!!(実際にこのセリフはあるぞ! 暇な人は探してみよう!)」



 ぐあっ! なんなんだこの受けた奴が屈辱的な気分になりそうな弾は!!
 発射。(ドバッ)

 相手ライフ(精神力)0

 ヤッター! 勝ったヨーオジサンの弾が最後の決め手だヨー!

 と、ここまでキーカードが揃わずとも。血の代償以外……コイツら……揃えやすい。
 ギリギリ1500以下だから引っ張ってこれるのがグー!
 ま、このコンボはあくまでもう一つの方で削られきれなかった分の保険なんだけどね。
 まあ初心者が唐突に考え出したコンボだから穴だらけなんだが……コンボってすばらしい!
 フューチャーフュージョンとオーバーロードフュージョンによるキメラティックは恐ろしい!!

 もう一つは……………遊戯王がキライになるコンボだ。

 何しろコンボが揃えやすい二枚で来るからこの上なく性質が悪い。

 コンボ名………近頃ジョジョを読んだせいかアレだな、
『俺が……貴様のターンを止めた……』

 別名・永遠に(ずっと)俺のターン。

 精神的にクルものがあるので……そうだな、『遊戯王が嫌いになるデッキ』だ。

 さて、後半にはお得意のレビュー!
 今回の記事はお子様は見ない方がいいかもヨ……(善意の言葉)
 後、純真な真っ白な心をどす黒い色に染め上げられたくなければ……即バックだ。

【More・・・】

 俺は数日前、とある漫画を纏め買いした。
 いや、そのタイトルは後々書くがそれにまつわる話を一つ。
 あるところに、今日くんという若者がおりました。今日くんの家には親戚の方より毎年クリスマスになるとあるモノが届きます。
 それは、『3000円分の図書カード』です。

 そう! 俺はその図書カードを一気に使い、その漫画をまとめがったのだッ!!

 さて、その余りの使いっぷりにどうやら情報が回ったらしく、「一体今日くんは何の本を買ったの?」と言う話で盛り上がっておりました。
 その話題の中にはこんなものも。

「まあ……今日くんもお年頃ですからそーゆー本でもこっそり買ったんじゃないですか?」

 盗み聞きは世界を救う。

 さて、ここでいよいよ私の買った本について触れるわけだが改めて言っとこう。心汚れたくなけりゃ引き返せ。オーケィ?
「あの今日さんがそんな本なんて買うわけ無いじゃないか!」と一部の私の性格をよく知らない方には申し訳ないな……私はウソをつくのが趣味だがこの本の内容についてはウソじゃない……。
 よし、じゃあまずソフトめなセリフから行ってみよう!
 まず、セリフだ!





「俺が優勝したら富田くん! 沙都子を一日首輪付きで君の妹にしてあげよう!! 岡村くん! 君には猫耳梨花ちゃんに手綱を付けてお散歩させてあげよーう!!」
「そそそそそそんなこと――!!」
「うろたえるな!お前達は俺に無理やりやらされた事にすればいいんだ!!!」
「―――――――やれ」



























 
 さあ、何人生き残った?
 さて、まあこんなセリフが出てきてますがまあ気にすんな。
 実際、前半で書いてたことはウソだからね! だからこれ、普通の漫画だよ!!
 まあ皆も一度は聴いた事があるだろう。

『ひぐらしのなく頃に』というゲームを。
 
 何となくホラーゲームってことは皆知ってるんだが内容あんまり知らないんだな、皆。
 というわけでこれについて濃厚に語って行くぞ!! これがこのブログ最後の語りだ!

 さて、ひぐらしのなく頃にってのは色々ある。
 『鬼隠し編』に『綿流し編』、『祟り殺し編』に鬼隠し編の解答編である『罪滅ぼし編』などなど。この他にも色々あるが書くの疲れるんで……。
 それぞれ、話としては繋がってない。多分ね。
 ただ、他の編で疑問だったところが他の編で何となく会話で出てくることがある。
 まあ……パラレルワールドと言えばいいかな? 実際、主人公は他の自分の記憶をフラッシュバックしてたし。
 ほぼ全ての巻が出題編は大体2巻で終わるから1200円あれば一つの世界が味わい尽くせるってのがいいね。
 ただ………心臓弱い人はそれぞれ一巻だけの方が無難かな? というかそもそも読むな。
 蟲系のホラーを見て吐く輩は『罪滅ぼし編』を見るな。
 『綿流し編』最後のページは本当に夢に出る程怖いんで見ない方がいいかも、『バニーガール好きな刑事が部屋から出てった時点』で見るのを止める事推奨。 
 アレがアイツなんて…………俺は認めない!
 
 さて、まあ色々あるひぐらしだが紹介するのとりあえず何にしよう。
 よし、決めた。『罪滅ぼし編』だ。
 何故かって?少なくともこれまで俺が見てきたひぐらしの中で一番ソフトだったからだ。 
 綿流し編なんて二度と見たくないやい!
 というわけでまだ二巻までしか持ってないんだがレビューを。

★ひぐらしのなく頃、また繰り返される惨劇

 で、気になるんだがこのタイトルの『罪滅ぼし』ってのはどういうことか?
 鬼隠し編の解答編だから最初は主人公、前原圭一の『ウッディ!(アニメ版見ないと分からんな)』の罪滅ぼしかと思ったんだが。
 いやぁ~しかしでもレナかもしれんし●●かも知れんし。分からん。
 で、いい加減あのカップル(本編で確認してね)が生き残るルートは無いのか。俺は両方好きなんだけどナァ。
 
 まあどうでもいい。
 舞台は昭和五十八年の雛見沢というまあ小さい村ですな。
 季節は初夏、ちょうどひぐらし(セミの一種)の鳴き始めた季節。
 古い………と思う、うん。しかしだからこそまだ●●●文化が残ってるんだナァ………(●●●とは何かは本編で)。
 実際あんなモン考え出した奴の顔をハリセンで叩いてやりたいよ。限りなくソフトめに。

 また横道に逸れたな。
 序盤にしてこれまで何度もこの事件を目の当たりにしてきたかのようなセリフを吐きなさる●●様。
 まあ実際鬼隠し編の最後でも死んでしまった皆の死を悲しむ●●●に圭一達にはまた会えるなんてセリフを残してたんだけどね………。
 ま、伏せ字にしてるのは詳しくは本編買って確かめてくださいヨということだね。
 
 で、この季節。雛見沢では体育の時間に何と! 水鉄砲の射撃大会をやるそうです!!
 
 さて、本編にて圭一が方程式っぽいの解いてたのとそれに薗崎姉妹の体付きを考えればとても小学校とは思えんのだがチミたちはそんな幸せな授業を受けているのかね。
 で、最終的に圭一VS●●の一騎打ちになるわけですがギリギリタイムリミットで決着は次回に持ち越されます。
 ……ここで「いつか再戦しよう、我が強敵(とも)よ……」的なこれはいつから北斗の拳になったヨと問いたくなるような言葉を発してたわけだがこれがどうにも罪滅ぼし編の予告にあったお互い物騒な獲物を握り締め「これが、最後の部活だな」と言ってるシーンに絶対繋がると思うのだが……。


 ともかく、書いていて気付いたがこれも魅力はとてもこんな陳腐な文章では語れねぇッ!!

『たった一つの出来事が破滅への連鎖になり、平穏な彼らの日常を壊して行く……だが、他の世界の彼らは徐々にその呪われた運命を乗り越え始めていた――!』
   
 とでも書くのが精一杯かな? とにかく、圭一の成長っぷりに注目!!
 最初(『鬼隠し編』)からは比べられねぇ!!

 ただ………女心ひとつでBADエンドとは人生厳しいッスネ……。

 ここで筆(つーかキーボード)を置こう、何も書くのが面倒になったとかじゃないよ?
  
 また、君達に何処か出会えた時にこのコラムを思い出したかのようにやろうじゃないか。
 では、これまでこのブログ、本当にお世話になった。 
 
 ちなみに、ひぐらしのなく頃にをここで取り上げたのにはふかあい意味がある。よく考えてくれい。
 ではでは。

 サイト・移転します。自分で探してネ
スポンサーサイト
【編集】 |  03:29 |  未分類  | TB(1)  | CM(3) | Top↑

Comment

血の代償、キャノンソルジャー、ブラックプテラ。
この3枚でキャノンソルジャー無限ループだぉ~
柏 | 2008.01.01(火) 20:54 | URL | コメント編集

 ニャンだって~ぇ!
 というよりクリッターがなにげに一枚制限でウィッチに至ってはききき……禁止だってぇ!!

 ブラックプテラ、カード屋で買ってこようかなぁ。
今日 | 2008.01.02(水) 15:55 | URL | コメント編集

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
みんな の プロフィール | 2008.01.06(日) 02:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
2012/11/24(土) 08:34:05 | 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。